患者さんの負担をもっとも減らせる手段とは

「歯医者さんには、歯が痛くなってから行く」という方が多いのではないでしょうか? 確かに従来歯科医院は、内科や外科と同じように症状が現れてから行く場所だと認識されてきました。しかし、この認識は昔のものとなりつつあります。

虫歯や歯周病は、治療すれば健康な状態を回復できますが、一度削った歯は二度と元に戻ることはなく、再治療をくり返すうちに、どんどんその寿命を縮めてしまいます。そうなると、歯を失うだけでなく治療の痛みや費用などの負担も増してしまう一方。患者さんの負担を減らせる一番の方法は、病気を防ぐための適切な処置を行っている予防歯科を受けることなのです。年齢を重ねても自分の歯でしっかり食事ができるよう、予防歯科でお口の健康を維持していきましょう。

予防歯科のメリット

メリット1 お口の健康を維持できる

予防歯科で定期的にお口の中をチェックし、プロによる適切なケアを受けることで、虫歯や歯周病などの発症を防ぎ、健康な状態を維持できます。

メリット2 痛みを軽減できる

虫歯などの症状による痛みを予防によって防ぐことができます。また、もし病気になっていたとしても早期発見できるため、治療の痛みも少なく済みます。

メリット3 費用などの負担を軽減できる

治療には、費用や時間などの負担が生じてしまいます。予防によって、それらの負担をなくしたり軽減したりできます。

費用の負担も減ります

費用の負担も減ります

内科、外科といった一般の医療機関では、「悪いところを治してもらったから治療費を払う」というしくみになっています。そのため、「悪いところがないのに費用を払う」ことに、抵抗を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし予防歯科へ通うことは、ある意味「予防接種」のようなもの。病気になって苦しみ、入院して治療費をたくさん払うより、あらかじめお金を払って予防接種を受けたほうがいいということは、誰もが理解できるでしょう。

予防歯科における定期検診には、予防接種と同じく保険が適用されないため、ある程度の費用がかかります。しかし、悪くなってから払う治療費と比べると、その差は歴然。しかも、歯を失う心配もないのです。

[定期検診の費用] < [治療費]+[歯の損失]+[痛み]+[拘束時間]

歯の大切さは、自分の歯を失ってはじめて気づくもの。歯を失うと食事や会話も楽しめなくなり、また機能を取り戻そうとすれば、インプラントや審美治療などの高額な自費治療が必要になることもあります。予防歯科とは、そういった事態をあらかじめ防ぐことができる、とてもメリットの大きいものなのです。

各種予防歯科処置

ブラッシング指導

ブラッシング指導
患者様一人ひとりのお口の状態に合わせて注意すべき歯磨き時のクセや磨きにくい箇所、歯や歯茎への歯ブラシのあて方、動かし方などを含めた適切な歯磨き方法を指導します。また、歯ブラシなどのデンタルケアグッズの選び方もアドバイスいたします。

PMTC

PMTC
専用機器を用いた歯のクリーニングです。普段のセルフケアでは落としきれない歯と歯の間、歯と歯茎の溝(歯周ポケット)などに溜まったプラークや歯石などの汚れを徹底的に除去し、虫歯や歯周病を予防します。軽度の着色の除去や口臭予防にも効果があります。

フッ素塗布

フッ素塗布
歯質を強化するはたらきを持つフッ素を歯に直接塗布することで、虫歯菌の出す酸に対する抵抗力を高め、虫歯になりにくい歯にします。また、フッ素には再石灰化を促すはたらきもあるため、ごく初期の虫歯なら治癒が期待できます。定期的に行うと虫歯予防に効果的です。

咬み合わせチェック

咬み合わせチェック

咬み合わせが乱れていると、食べ物がうまく噛めないだけでなく、ブラッシングのしづらさから虫歯や歯周病を、顎の歪みにつながり顎関節症(※)や肩こり・頭痛などさまざまなトラブルを招いてしまうことがあります。噛み合わせをチェックすることでこれらのリスクを把握し、解決へと導きます。

※「口が開かない」「顎がカクカク鳴る」といった顎周辺に起こる症状の総称です。

生活習慣の指導

生活習慣の指導
虫歯も歯周病も直接の原因は細菌ですが、生活習慣に問題があることもあります。食事・睡眠時間・飲酒・喫煙などの生活習慣についておうかがいし、必要があれば改善のアドバイスを行います。

定期検診を受けましょう

お口の状態は日々変化しています。また、お口の中は自分自身では見ることができないため、定期的なプロによるチェックが欠かせません。定期検診では専門的なクリーニングなども行いますので、口臭を防ぎ、お口の中をいつも綺麗に保つことができます。

とはいえ、定期検診のタイミングは一人ひとりのお口の状態によって異なります。提案されたタイミングを守って定期検診を習慣づけ、虫歯や歯周病を未然に防ぎましょう。