沈黙の病気「歯周病」

「歯周病」という名前はよく耳にしていても、自分には関係のない話……と思ってはいませんか? 歯周病は、日本人の成人の約8割がなっている、またはその予備軍と言われており、知らないうちに罹患している可能性が高いとても身近な病気です。

プラーク(歯垢)に含まれる歯周病菌が歯茎に炎症を起こし、次第に歯を支える顎の骨を溶かします。放っておくと歯は支えを失い、最終的には抜け落ちてしまうこともあります。虫歯と同じように初期には自覚症状に乏しいため、「沈黙の病気」とも呼ばれ、気づいたときにはかなり進行しているというケースも少なくありません。

歯周病セルフチェックシート

歯を失う原因として、第1位に挙げられている歯周病。他人ごととは言い切れません。次のセルフチェックシートで、現在のお口の状態をチェックしてみましょう。以下のチェックシートであてはまる項目があった場合には、一度当院までご相談ください。

  • 歯磨きをすると歯茎から出血することがある
  • 口臭がきつくなった
  • 口の中がネバネバする
  • 歯茎が腫れている
  • 歯茎が赤、または紫に変色している
  • 硬い物を噛むと痛い
  • 歯がグラグラする
  • 歯が長くなったように見える
  • 歯と歯の間に物がはさまりやすくなった
  • 歯茎にかゆみが出ることがある

歯周病の原因

歯周病の原因は、プラークの中に棲んでいる「歯周病菌」。歯周病菌はほとんどの方のお口の中にいるにもかかわらず、なぜ歯周病患者は成人に多いのでしょうか?

その答えは、人間が持つ「抵抗力」にあります。人間は20代、30代と年齢を重ねるごとによって、体の抵抗力が落ちていってしまいます。そこで、若い頃と同じような感覚でケアをしていると、一気にお口の環境が悪化してしまうのです。

歯周病と全身疾患

歯周病は、実はお口の中だけでなく、全身にも悪影響を与えることが問題視されています。歯周病が影響を与えるとみられている疾患は、次のとおりです。

認知症 糖尿病 肥満
虚心性心疾患 心筋梗塞 心内膜炎
動脈硬化症 誤嚥性肺炎 関節性リウマチ
早期低体重児出産 骨粗しょう症 がん
インフルエンザ エイズ バージャー病

歯周病は、このように様々な疾患を誘発したり、症状を悪化させたりしてしまいます。大切な歯と全身の健康を守るために、しっかりと治療を受けましょう。

歯周病の治療法

※クリックすると各症状の詳細が表示されます。

軽度歯周炎

軽度歯周炎

症状

歯茎に炎症が起きている状態。歯茎が腫れ、ブラッシングの際などに出血が見られます。冷たい水がしみたり、口臭が出たりすることも。
治療法

歯磨き指導

歯磨き指導
一人ひとりのお口の環境に適した正しい歯磨き方法を指導します。
※歯磨きは歯科医院での治療と合わせて行うご自宅でのケアとなりますので、継続して指導することがあります。

スケーリング

スケーリング
「スケーラー」という器具を使って普段の歯磨きでは取り除けない、歯に付着したプラークや歯石を除去します。

※左右にスクロールして、内容を確認することができます。

中等度歯周炎

中等度歯周炎

症状

顎の骨が半分くらい溶けた状態。歯を指で押すとグラつきます。歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。
治療法

歯磨き指導

歯磨き指導
一人ひとりのお口の環境に適した正しい歯磨き方法を指導します。
※歯磨きは歯科医院での治療と合わせて行うご自宅でのケアとなりますので、継続して指導することがあります。

スケーリング

スケーリング
「スケーラー」という器具を使って普段の歯磨きでは取り除けない、歯に付着したプラークや歯石を除去します。

ルートプレーニング

ルートプレーニング
スケーリングで除去しきれなかった、歯周ポケット奥深くにこびりついたプラークや歯石を「キュレット」という器具を用いて除去します。同時に、スケーリング後のザラついた歯面をなめらかに仕上げることで、汚れの再付着を防ぎます。

※左右にスクロールして、内容を確認することができます。

重度歯周炎

重度歯周炎

症状

顎の骨の3分の2以上が溶けた状態。歯のグラつきがひどくなります。歯茎が下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯茎の境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。
治療法

フラップ手術

フラップ手術
局所麻酔をした後に歯茎を切開して顎の骨からはがし、露出した歯根に付着しているプラークや歯石を除去します。また、感染した組織も取り除きます。

再生療法

溶かされた顎の骨や歯根膜などの歯周組織を再生させる再生療法の一種です。「GTR法」「エムドゲイン法」があり、どちらも歯肉の侵入を防ぎながら骨や歯根膜などの歯周組織の再生を促します。

GTR法

GTR法

エムドゲイン法

エムドゲイン法

※左右にスクロールして、内容を確認することができます。

咬合再構成

「咬合再構成」とはインプラントや入れ歯、矯正治療など、複数の治療を組み合わせ、理想的な噛み合せになるように構成し直すこと言います。
年齢と共に噛み合せは自然に変化しますが、歯を健康的な状態に保っていれば問題はありません。しかし、歯周病や虫歯、補綴物を誤って装着し、そのままにしておくと悪化してしまい、咬合再構成が必要になる場合があります。

歯周病症例紹介

症例1

術前

術前

術後

術後

術前

術前

術後

術後

症例2

術前

術後

術前

術後

症例3

術前

術後

術前

術後

症例4

術前

術後

術後

術前

術後