インプラントってどういう治療?

歯を失ってしまったときの治療として、近年大きく注目されているインプラント治療。歯を失った部分の顎の骨に生体親和性の高いチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せることで歯の機能を取り戻す治療です。

チタンは骨としっかり結合する性質を持っているため、まるで自分の歯のように噛めるようになります。また、人工歯はセラミックでつくられるため見た目も美しく、機能性・審美性ともに大変優れた治療とされています。

当院では、治療前に歯科用CTにて詳細なデータを集め、インプラント専門のソフトによって精密な治療プランを立てたうえで衛生管理を徹底した個室にて手術を行います。安心・安全なインプラント治療をご提供しておりますので、インプラント治療を検討されている方は気軽にご相談ください。

症例紹介

インプラント症例紹介01

インプラント症例紹03介

術前

インプラント症例紹介02

インプラント症例紹介04

術後

インプラント症例紹介05

インプラント症例紹介07

術前

インプラント症例紹介06

インプラント症例紹介08

術後

インプラント術前

術前

インプラント術後(1)

術後(1)

インプラント術後(2)

術後(2)

他の補綴治療との比較

歯を失ってしまったときの治療は、インプラントだけではありません。他にも、入れ歯やブリッジがあります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、一人ひとりの患者さんの症状やご要望に合わせ、適した治療を選択していきましょう。

  インプラント 入れ歯
(保険適用の場合)
ブリッジ
しくみ

インプラント

歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療。

入れ歯(保険適用の場合)

1本~すべての歯まで、失った歯の本数に合わせてつくった義歯を、バネを使うなどして装着する治療。

ブリッジ

横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療。

メリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感がない
  • 硬い物でもしっかり噛める
  • 周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安く済む
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される
デメリット
  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
  • 見た目がよくないことがある
  • しっかり噛むことができないことがある
  • 違和感があることがある
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 手入れをする必要がある
  • 使っているうちに合わなくなることがある
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある
噛み合わせの
影響
噛む力が、歯列に均等にかかるため、噛み合わせが安定する。 入れ歯を載せている歯茎や部分入れ歯でバネをかけている歯などに負担がかかり、噛み合わせがずれてしまうことがある。 支えとなる歯にばかり力がかかり、噛み合わせがずれてしまうことがある。

※左右にスクロールして、内容を確認することができます。

当院でインプラント治療を受けるメリット

メリット1 信頼ある「3iインプラント」を採用

当院ではアメリカのBiomet 3i社でつくられている、歴史のある「3iインプラント」を採用しています。顎の骨と結合しやすく、骨質に不安がある部分に対しても高い成功率を誇る信頼あるインプラントです。

当院では「3iインプラント」の豊富な治療実績を持っている他、インプラント治療を年間に100本以上行っています。日本でも年間に100本以上の治療を行う歯科医院は数%にすぎません。精密な治療には自信を持って患者様の治療にあたっています。安心してご来院ください。

「3iインプラント」の治療の流れ

1. カウンセリング 2. 精密検査 3. 一次手術
はじめに症状を確認し、患者さんのお悩みをじっくりうかがいます。そしてインプラント治療の概要やメリット・デメリットをご説明します。 歯科用CTで顎の骨の状態を確認するなど精密検査を行い、専門ソフトによって綿密な治療計画を立てます。 口腔内清掃を行った後、局所麻酔をして顎の骨にインプラントを埋め込みます。骨の状態によっては、すぐに上部構造を装着するケースもあります。
4. 治癒期間 5. 二次手術 6. 定期検診・メンテナンス
インプラントと顎の骨が結合し安定するまで、3~6ヶ月ほど期間を置きます。この期間には仮の人工歯を装着しますので、食事などに問題はありません。 次に、人工歯を装着するためのアバットメントを連結し、その上に人工歯を取りつけます。これで、インプラント治療は完了です。 インプラントは、治療後もしっかりメンテナンスすることで、長く使い続けることができます。定期検診やメンテナンスを欠かさないようにしましょう。

※左右にスクロールして、内容を確認することができます。

メリット2 最新設備を用いた精密な治療

歯科用CT

インプラント治療には、歯科用CTスキャンによる事前診断が欠かせません。歯科用CTは短時間のX線照射で顎の骨の状態を立体的画像にて得られる装置で、ミクロン単位の詳細なデータによる診断が可能となり、安全・正確なインプラント治療が実現します。

当院では歯科用CTを院内に設置しておりますので、精密なインプラント治療をスムーズに進めることができます。

メリット3 ガイジェットサージェリーシステムの使用

メリット3 ガイジェットサージェリーシステムの使用

ガイジェットサージェリーシステムの導入により、コンピューターでシミュレーションした箇所へ精確にインプラントを埋めることが可能になります。
当院でも世界最先端の設備を整えております。

メリット3 ガイジェットサージェリーシステムの使用

当院では光機能化も備えております。光機能化はインプラントのアンチエイジング化の技術です。
インプラントは治療後に日々劣化していき、骨との付きも悪くなっていきます。しかし、特殊な光を当てることにより劣化の防止が可能になりました。

メリット4 顎の骨が少ない方にも対応できます

インプラント治療には、顎の骨が十分にあることが条件となります。しかし、なかには歯周病によって顎の骨が溶かされてしまい顎の骨が足りず、インプラント治療ができないという方も少なからずいらっしゃいます。

当院では「サイナスリフト」や「GBR」などの骨再生治療を行っており、あらかじめ骨量を十分に再生させることでインプラント治療を可能にします。他院で治療を断られてしまった方も、一度当院にご相談ください。

サイナスリフト

GBR

インプラントにもメンテナンスが必要です

インプラント治療は、手術をしたらそれで終わりではありません。インプラントを長持ちさせるには、術後の適切なメンテナンスが必要なのです。

【メンテナンスを怠ると・・・】

  • インプラントが抜け落ちてしまったり、破損してしまったりすることがある
  • 歯周病と同じ症状を招く「インプラント周囲炎」になることがある。インプラント周囲炎になると、プラーク(歯垢)に棲む歯周病菌によってインプラントを支える歯周組織が溶かされしまう
  • インプラントは人工物なので過度な力がかかっても気づきにくく、知らず知らずのうちによけいな負荷をかけてしまうことがある。そうすると、噛み合わせが悪くなり、破損の原因になる

インプラントを長持ちさせるには、ご自宅での毎日のケアに加え、歯科医院での適切なメンテナンスが欠かせません。せっかく手術を受けて手に入れたインプラントを失わないために、定期検診には必ず行くようにしましょう。

しっかり噛める入れ歯をつくりましょう

歯を失ったときの治療として、古くからあり、もっともポピュラーなものが入れ歯です。入れ歯というと、「目立つ」「噛みにくい」「外れやすい」など、マイナスのイメージをお持ちの方も少なくないとは思いますが、実はこういったイメージは昔の入れ歯についてのお話。近年入れ歯の開発が進み、見た目に美しく噛み心地に優れたものがたくさん登場しています。

また、入れ歯はインプラントのように手術を必要としない点や、ほとんどの症例に対応できるなど、メリットもたくさんあります。歯を失って治療法を悩まれている方や、現在お使いの入れ歯にご不満がある方は、一度新しい入れ歯を検討してみてはいかがでしょうか?

保険治療と自費治療

入れ歯には、保険が適用できるものと、自費治療になるものがあります。それぞれの特徴をふまえ、一人ひとりに適した入れ歯をつくっていきましょう。

  保険入れ歯 自費入れ歯
素材 素材がレジン(歯科用樹脂)にかぎられる。 金属やシリコンなど、使用素材に制限がない。
様式 保険適用内のタイプにかぎられる。 しっかり固定できるしくみのものやバネのないものなど、様々な選択肢がある。
見た目 比較的目立つ。 天然歯に近い色を再現できる素材が使えるため、目立ちにくいものを追求できる。
食事 硬い物などが噛みにくいことがある。また、熱が伝わりにくく、味覚を感じにくくなる。 金属であれば熱伝導率が高いため、食べ物の温度を伝えやすく食事をおいしくとれる。噛み心地もよい。
装着感 床が厚く、違和感がある。 床が薄くつくれ、違和感を軽減できる。
費用 保険が適用できるため、抑えられる。 自費治療のため、比較的高額になる。

※左右にスクロールして、内容を確認することができます。

当院の取り扱い入れ歯

金属床義歯自費
金属床義歯 床が金属でできた入れ歯です。床を薄くできるため装着感がよく、熱伝導率が高いため食べ物の温度が伝わりやすいのが特徴です。また、耐久性も高く長持ちし、雑菌や汚れがつきにくく衛生的です。床に使う金属には、ゴールド・コバルトクロム・チタンなどがあります。
シリコンデンチャー
シリコンデンチャー 床が弾力性のある生体用シリコンでできた入れ歯です。見た目が自然なのはもちろん、吸着・密閉性が高くフィット感に優れています。そのため、入れ歯と歯茎の間に物がはさまることによる痛みが軽減されており、硬い物もしっかり噛めます。
ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー バネ(クラスプ)のない部分入れ歯です。歯茎部分がやわらかいシリコンでつくられているためしっかりフィットするうえに負荷がかからないため、硬い物でも痛みなくしっかり噛めます。また、入れ歯を使っていることが周囲にわからない自然な見た目を実現します。
マグネットデンチャー
マグネットデンチャー 残っている歯根と入れ歯に磁石を取りつけ、磁力で固定する入れ歯です。取り外しが簡単にできる一方、強力な磁力で固定されるため硬い物でもしっかり噛めます。また、バネを使用しないため、自然な見た目になります。
※磁石を埋め込む歯は神経を取った歯にかぎられます。