美しさと機能を兼ね備えた口元に

銀歯や歯の色、軽度に乱れた歯並びなど、お口の見た目のお悩みは人それぞれです。当院では、そういったお悩みを一つひとつ丁寧に解消すべく、白い歯科素材「セラミック」を用いた治療をご提案しています。

また、美しく整った歯並びは、見た目だけでなく実は機能的にも優れているものです。審美性だけでなく機能性も含めた両方の面を考慮し、「機能美」に優れた口元を実現する審美治療を行っています。

当院の審美歯科治療

オールセラミック(インレー・クラウン)
オールセラミック(インレー・クラウン) セラミックのみを用いたインレー(詰め物)・クラウン(被せ物)です。自然な白さや透明感を再現でき、強度にも優れています。
メリット
  • 見た目が美しく、変色しない
  • 強度が高い
  • 金属アレルギーの心配が不要
デメリット
  • メタルボンドと比較すると強度はやや劣り、天然歯と比較するとやや硬い

※左右にスクロールして、内容を確認することができます。

ハイブリッドセラミック(クラウン・インレー)
ハイブリッドセラミック(クラウン・インレー) セラミックとレジン(歯科用樹脂)をかけ合わせた素材でできたインレー・クラウンです。オールセラミックの「硬すぎる」というデメリットを払しょくしました。
メリット
  • 適度なしなやかさを持ち、噛み合う歯を傷めない
  • オールセラミックより費用が抑えられる
  • レジンより変色しにくい
デメリット
  • メタルボンドと比較すると強度はやや劣り、天然歯と比較するとやや硬い

※左右にスクロールして、内容を確認することができます。

ラミネートベニア
ラミネートベニア 前歯の表面を薄く削り、セラミックの薄い板をつけ爪のように貼りつけて歯の色や形を整える治療法です。
メリット
  • 短期間で歯並びを整えられる
  • ホワイトニングが適応できない歯も、白くできる
デメリット
  • 歯を削る必要がある
  • 前歯にしか適応できない

※左右にスクロールして、内容を確認することができます。

メタルボンド
メタルボンド 金属の土台の表面にセラミックを焼きつけたクラウンです。金属の強さとセラミックの美しさを兼ね備えています。
メリット
  • 見た目が美しく、変色しない
  • 強度が高く、奥歯にも適応できる
デメリット
  • 透明感がやや劣る
  • 経年によって歯茎が黒ずむことがある
  • 金属アレルギーの方には適応できない

※左右にスクロールして、内容を確認することができます。

ファイバーコア
ファイバーコア 重度の虫歯治療において、クラウンをする際に用いるグラスファイバーでできた人工の土台(コア)です。従来の金属のコアにはなかったしなやかさを持ち、透明感に優れています。
メリット
  • しなやかさを持ち、歯根を傷めない
  • クラウンの透明感を損なわない
  • 金属アレルギーの心配が不要
デメリット
  • 金属のコアと比較すると、費用が高い
  • 適応できない症例がある

※左右にスクロールして、内容を確認することができます。

症例紹介~歯を削らない治療~

オールセラミック

オールセラミック術前

術前

オールセラミック術後

術後

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディング術前

術前

ダイレクトボンディング術後

術後

ダイレクトブリッジ

ダイレクトブリッジ術前

術前

ダイレクトブリッジ術後

術後

ダイレクトブリッジ術前

術前

ダイレクトブリッジ術後

術後

症例紹介~銀歯を白くする治療~

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディング術前

術前

ダイレクトボンディング術後

術後

ダイレクトボンディング術前

術前

ダイレクトボンディング術後

術後

ダイレクトボンディングとは

ダイレクトボンディングは、プラスチックを直接口腔内で詰めたり盛りつけたりして、歯をほとんど削らずに行う治療法です。天然歯のように自然な色や形を回復させることができます。

金属の詰め物の症例

金属の詰め物
・ぴったり入っているように見えても、隙間がある
・歯とくっつけているセメントが溶け出して隙間になり、虫歯になるリスクがある

ダイレクトボンディングの症例

ダイレクトボンディング
・歯に直接接着するので隙間がない
・隙間がないので、2次的な虫歯になるリスクが低い

治療方法
  • ダイレクトボンディング術前
    術前
  • ダイレクトボンディング術中
    術中
  • ダイレクトボンディング術後
    術後

ダイレクトボンディングの治療では、お口の中で直接歯の形をつくっていきます。そのため、金属の詰め物より治療に時間をいただきます。治療回数は1~2回になります。
銀歯が気になる方や、2次的な虫歯のリスクを避けたい方はお気軽にご相談ください。

メタルフリーの推奨

先進国では金属の詰め物を禁止している国もあるほど、メタルフリーが推奨されています。
しかし日本の保険制度では金属の詰め物が認められているので、使わざるを得ない環境にあります。金属の詰め物の利点は料金が安いことにあります。欠点は硬いということです。金属が溶けだし、体内に入ってしまう可能性もあります。その欠けた隙間から虫歯を誘発しやすくなってしまいます。

当院の推奨するメタルフリーは、削る量も少なく、隙間ができません。
安心して治療いただけます。また将来的に歯を守っていくためには欠かせない治療です。

自然に輝く白い歯に ~ホワイトニング~

鏡を見て、「私の歯、こんなに黄色かった?」と、ショックを受けられることはありませんか? 実は、歯は加齢やコーヒー、紅茶、赤ワインなどの色素の強い飲食物、また喫煙などの影響によって年々黄ばみを増してしまいます。そして、こういった原因による歯の黄ばみは、歯磨きで落とすことはできません。

そこでおすすめしたいのが、ホワイトニング。歯を削らずに体にやさしい薬剤を使って歯を白くしていく処置で、近年多くの方が受けられています。白く輝く口元が他人に与える印象は、とても大きいもの。歯の色が気になっている方は、一度ホワイトニングを試してみてはいかがすか?

症例紹介

術前

術後

術前

術後

自宅で行うホワイトニングと医院で行うホワイトニング

ホワイトニングには、ご自宅で行う「ホームホワイトニング」と、歯科医院で行う「オフィスホワイトニングがあります。それぞれの特徴は次のとおりです。

ホームホワイトニング
処置方法 1. 歯科医院で歯型を採り、個人専用のマウストレーを作製します。
2. ご自宅での歯磨き後に、トレーに低濃度のホワイトニング剤を注入し、毎日一定時間歯に装着します。
3. 20日ほどで、理想の白さになります。
メリット
  • ホワイトニング効果が長続きする
  • ご自宅で自由な時間にできる
  • 低濃度の薬剤を使用するため、体にやさしい

マウストレー作製

薬剤挿入

装着

ブラッシング

オフィスホワイトニング
処置方法 1. 歯科医院で、歯の表面に高濃度のホワイトニング剤を塗ります。
2. 歯に特殊な光をあてます。
3. 1~数回の処置で、理想の白さになります。
メリット
  • ホワイトニング効果が現れるのが早い
  • 処置前のクリーニングがしっかりできる
  • 歯を理想の色調にできる

クリーニング

保護剤の塗布

ホワイトニング剤の塗布

光照射

完了

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングにはそれぞれメリットがありますが、当院では体にやさしく白さが長続きするホームホワイトニングを推奨しています。ホワイトニングで理想の白い歯を手に入れ、毎日を笑って過ごしましょう!