身近なお口の病気「虫歯」について

虫歯は、プラークに潜む虫歯菌が食べカスに含まれた糖分を栄養源として酸を出し、その酸によって歯が溶ける病気です。風邪などのように、様子を見るうちに治るということがないため、放置すれば必ず悪化します。初期であれば治療が簡単に済みますが、放っておくと治療が難しくなり、最終的には抜歯をまぬがれない状態になってしまいます。

とても身近なものでありながら、実は大切な歯を失ってしまうことになる重大な病気、それが虫歯です。虫歯を軽く見ず、早期治療や予防を心がけましょう。

虫歯の原因

虫歯は、次のような段階をふんで発症します。

※左右にスクロールして、内容を確認することができます。

つまり、食後に歯を磨くなどしてプラークや食べカスを除去しないと虫歯になってしまうのです。虫歯にならないために、食後できれば30分以内に歯を磨き、汚れを除去しましょう。また、歯が溶けるということは、歯のカルシウムが溶け出しているということ。よく噛んでだ液を多く分泌させ、だ液に含まれるカルシウムによって歯を元の状態に戻す「再石灰化」を促しましょう。

虫歯治療の治療法

進行段階 症状 治療法

C0
【ごく初期の虫歯】

C0 【ごく初期の虫歯】
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

C1
【エナメル質の虫歯】

C1 【エナメル質の虫歯】
エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2
【象牙質の虫歯】

C2 【象牙質の虫歯】
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

C3
【神経まで達した虫歯】

C3【神経まで達した虫歯】
神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

C4
【歯根まで達した虫歯】

C4【歯根まで達した虫歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。
根管治療について

虫歯が悪化して神経にまで達してしまうと、従来その歯は抜かなくてはなりませんでした。しかし近年では、「根管(こんかん)治療」を行うことでその歯を抜かずに残すことができています。

根管治療について

「根管」とは、歯の中を通る神経や血管の入った細い管のこと。根管治療では、根管の中の虫歯菌に冒された神経や血管を取り除き、きれいに洗浄・殺菌して薬剤を詰めることで、歯を残します。目に見えない部分の大変繊細な治療となり高度な技術が必要ですが、これを確実に行うことで抜歯を避けることができるのです。

根管治療についてくわしくは、「歯の根、神経の精密治療 【根管治療・マイクロスコープ】」をご覧ください。

親知らずの抜歯もおまかせください

奥歯のさらに奥から生えてくる「親知らず」。20歳前後くらいから生えはじめ、正しい向きに生えてくることは少なく、痛みを生じさせることが多くあります。
ほとんどが曲がったり横を向いたりしており、歯磨きがしにくいことから食べカスが詰まりやすく、親知らず自身はもちろん、隣の歯も虫歯や歯周病になってしまう傾向があります。また、強い力で隣の歯を押すことで歯並びを乱してしまうこともあり、こういった問題が見られる場合には抜歯が必要になります。

※正しい向きできちんと生えている場合は、抜歯の必要はありません。

親知らずの生え方は一人ひとりまったく異なるため、抜歯の難易度にも個人差がありますが、当院では抜歯の前に状態をきちんと確認し、状態をふまえたうえで最適な処置を行いますので、安心しておまかせください。

お子さんの歯の健康を守る

お子さんの歯の健康は、歯が生えはじめたときからのケアに大きく左右されていることをご存じですか? 「乳歯は生え変わるから、多少虫歯になっても……」と軽く考えている方も少なくありませんが、実はそれは大きな間違い。乳歯の虫歯は、永久歯への生え替わりや、永久歯になってからのお口の環境にも大きな影響を与えてしまうのです。

小さな頃からお口の中を清潔に保ち、虫歯を予防する意識を持たせてあげることは、お子さんの一生のためにとても大切です。お子さん自身ではまだ管理ができないため、お子さんの歯を守ってあげるのはご両親の役目。ご心配なことがあれば、お気軽に当院にご相談ください。

お子さんの治療をスムーズにするための、ご両親へのお願い

小児歯科診療を受けさせるにあたって

大人の方でも苦手意識を持たれることが少なくない歯科治療。お子さんの治療をスムーズに進めるには、ご両親のご協力が欠かせません。どうぞ、次のことにご協力ください。

  • 歯の治療は、健康になるためのもの。怖いことではなく「いいこと」だとまずご自身でご理解いただき、お子さんにもわかるように教えてあげてください。
  • 歯科治療で痛かった経験などを、話さないようにしてください。
  • 必要な場合には麻酔を用いることがあります。お子さんには「注射」ではなく「麻酔」と説明しますので、ご両親もご協力ください。
  • 治療が終わったら「えらかったね」と、がんばったことをたくさんほめてあげてください。
食育の大切さを教えてあげてください

食育の大切さを教えてあげてください

お子さんのお口が健やかに成長するためには、おやつや食事などへの注意が必要です。当院ではおやつの選び方や食事のタイミングなど、「食育」についてアドバイスをさせていただきます。お子さんが口にするものは、ご両親がしっかり管理してあげましょう。

小児歯科受診のススメ

【小児歯科受診のススメ】

大人になって虫歯や歯周病に苦しまれている方は、どうしてもっと子供の頃から歯磨きをしっかりしなかったのだろう……と悔やまれているのではないでしょうか?

お子さんのときからの予防習慣は、大人になってからのお口の健康を大きく左右します。「歯は毎日しっかり磨き、定期的に予防歯科で予防処置をしてもらう」ということが、小さな頃から当たり前になっていれば、お口の健康を維持していくことができます。大切なお子さんの将来のために、一度小児歯科を受診させてあげてください。

当院の小児歯科メニュー

歯磨き指導

歯磨き指導

歯の健康を守るには、毎日の歯磨きがとても大切。当院では年齢や一人ひとりのお口の状態に合った正しい歯磨きを指導します。ご両親にも、仕上げ磨きのコツをお教えしますので、最後にきちんとチェックしてあげてください。

【年齢に合った歯磨きのポイント】

乳児期 舌についた白っぽいカスを、濡らしたガーゼなどで軽くふき取ってあげましょう。
乳歯が生えはじめたら 前歯についた汚れを、濡らしたガーゼなどでふき取ってあげましょう。
1歳頃 歯ブラシを使って大人が磨いてあげましょう。
3歳頃 自分で歯ブラシを持たせ、歯磨きの習慣をつけはじめましょう。後で大人がしっかり仕上げ磨きをしてあげてください。
5歳頃 朝、昼、晩と、1日3回歯磨きをする習慣をつけましょう。後で大人がしっかり仕上げ磨きをしてあげてください。
6歳臼歯が生えてきたら 6歳臼歯は溝が深く虫歯になりやすいため、特に注意して磨くように教えてあげましょう。まだまだ仕上げ磨きは必要です。
シーラント
シーラント 深い溝を持つ、虫歯になりやすい奥歯にレジン(歯科用樹脂)を詰め、虫歯を予防する処置。特に6歳臼歯は虫歯になりやすいため、シーラントが効果的です。
フッ素塗布
フッ素塗布 再石灰化を促し、歯質を強くする効果を持つフッ素を歯の表面に塗布し、虫歯を予防する処置。ごく初期の虫歯なら、これによって治癒が見込めるケースもあります。定期的に行うと、より効果的です。
過剰歯の抜歯
過剰歯の抜歯 乳歯でも永久歯でもない余計な歯「過剰歯」が生えてくることがあります。多くの場合、歯並びや噛み合わせを乱すなどの悪影響を及ぼすため、抜歯を行います。
小児矯正
小児矯正 お子さんの矯正治療は顎の成長が完了した大人になってから行うのと違い、顎の成長の力を利用できるため、比較的スムーズに治療が進み、よい結果が得られやすいのが特徴です。当院では、月に1~2回大学の講師である矯正専門医を招き、小児矯正に対応しています。

【妊婦さんも歯科検診を】

妊婦さんも歯科検診を

妊娠中は、つわりがあったりホルモンバランスが崩れたりすることで、虫歯や歯周病になりやすい時期。なかでも歯周病は、胎児の成長にも影響すると言われており、特に注意が必要です。当院では妊婦さんの歯科治療にも対応しておりますので、安定期に入ったら一度検診にお越しください。